--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

2009.01.11*Sun*

2008/12/30 マカオ

誰も参考にする方は居ないと思いますが、
香港、マカオの徘徊・・・
カナリ歩き回ってます、バス乗ればいいのに乗り方分からないから歩いちゃった的に。
観光外の箇所も見て回ってます。迷ってます、行ったりきたりしています。

旅行の参考にはなりませんので、あしからず。



そんなわけで、2日目!
香港からフェリーでマカオへ!
お天気は1日中、小雨が降ったり止んだりの曇りで傘を買わずに済む小雨でした。

あまりにも長すぎるので、追記へ。
ヤプログのように画像5枚という制限が無いため1記事=1日になってます。
web拍手
ホテルのある【旺角】から有名ブランドショップなどが並ぶ繁華街【尖沙咀】へ
そこからフェリーで1時間でマカオです。
s-P1000668.jpg

1時間、ちょっと酔いながらもマカオへ到着~。
そして、一応香港とは違う国なので、入国審査が・・・これで30分ほど掛かりました。

マカオに着いてから、ノープランのため【地球の歩き方】のモデルコースをたどる事に。
まずは【セナド広場】を目指したのですが、バス面倒で距離的に1~2キロだったので歩く事に。

海沿いの道は、綺麗に広々整備されていて、
縁の無いカジノや高級ホテルばかりで、歩いているのさえ場違いな気分になりました。
s-P1000686.jpg

なんとか、セナド広場に到着。
こちらは、西洋風な可愛い感じの色合いの建物に囲まれた広場です。
しかし、こちらもクリスマスな雰囲気出しっぱなし!!
s-P1000693.jpg

クリスマスと新暦の新年は同じ括りのようです。
s-P1000694.jpg

再び香港風な下町風な商店街を抜けたり、古い町並みを通ったりして迷ったりして歩き続け
s-P1000698.jpg

マカオを代表する世界遺産【聖ポール大聖堂跡】へ到着
実は迷ってたので、横から最初に見てしまったわけですが・・・
正面から見るとバババーンと教会の建物に見えます。
s-P1000758.jpg

曇り空のせいで、あまり綺麗に見えません・・・かなりの高さです。
s-P1000720.jpg

しかし、横から見ると・・・テレビや舞台のセットのよう・・・
s-P1000719.jpg

裏側。因みに登れます。
s-P1000727.jpg
教会の跡地なのだそう。

横にあった、【モンテの砦】という場所は、小高い丘の上にある城壁に囲まれた
当時は砦だったそうで、現在は上は公園&博物館になっています。
大砲のモデルが置いてあって、砦だったんだな~という雰囲気。
s-P1000753.jpg

参道のようなお店が並ぶ場所で肉を買って食べてみたり。
美味しいけれど、量が多いです・・・
s-P1000759.jpg


そしてここから先は、いける場所が中心地に限られていた事もあり、
マカオ世界遺産な教会巡りとなりました。
写真が教会だらけ・・・カットして外観&内面のみです。
段々同じに見えてきてしまう、有り難味の無さで申し訳ないです。

時間があれば、教会で何も考えず座って居たい位に、落ち着ける空間ばかりでした。
しかし、貧乏性なので先を急いでしまってバタバタでした。

【大堂(カテドラル)】
コンクリート色の教会で内装は重厚な静かな雰囲気です。
s-P1000773.jpg
s-P1000777.jpg

特徴は何と言っても、祭壇上のステンドグラス!
これが本当綺麗で、表現できません。
s-P1000779.jpg


【聖ドミニコ教会】
セナド広場近くの黄色クリーム色×白の教会なのですが、見た目可愛い教会です。
s-P1000795.jpg
中も教会なのですが、非常に明るい。
教会は薄暗い、重厚な雰囲気を想像しましたが、マカオの教会は割りとポップな明るさな見た目。
s-P1000797.jpg

小休憩~。地球の歩き方に習ってタピオカやゼリー入りのマンゴージュース飲んだりお昼食べたり。
s-P1000790.jpg

昔マカオに住んでいたお金持ちな方のお家が公開されていたので入ってみることに。
見た目は、今は建物に挟まれて目立ちません。
【盧家屋敷】
s-P1000821.jpg
内装は中国の昔の富豪のお家のように、入ってすぐ客間があったり、
東洋風ですが、家具やガラス窓などは西洋風で、素敵な雰囲気~。
s-P1000825.jpg
2階の中庭(建物吹き抜け)を見渡すステンドグラスの色のコントラストが綺麗です。
s-P1000843.jpg

気を取り直して
【聖ローレンス教会】
こちらもクリーム色と白の教会ですが、『マカオで最も華麗な教会』との事です。
シャンデリアが下がっていたり、教会の左右にはステンドグラスでキリストの生涯が描かれています。
s-P1000894.jpg
s-P1000897.jpg
祭壇の聖ローレンス像が漢字なのがマカオ(香港)らしい。
s-P1000899.jpg
s-P1000905.jpg


【聖ヨセフ聖堂】
ドーム型の天井のヨセフ教会。
s-P1000931.jpg
s-P1000930.jpg

天井を見上げるとまん丸です。
s-P1000928.jpg

教会の写真ばかりを並べると、マカオは綺麗な街だな~と思うのですが
街中は西洋風なレトロと近代的な街並み、そして昔風なボロっとした雰囲気とで
左右を見回すだけでがらりと違います。
アパートや住居は使い込まれた感じです。
このゴチャゴチャ感も結構好き。
s-P1000892.jpg

再び、道の広いカジノ街を通って、フェリー乗り場へ。
s-P1000947.jpg

フェリーが出発するのは18時で流石に暗くなっていました。
夜のマカオはこの夜景のみ。エンターテイメント施設【フィッシャーマンズ・ワーフ】。
カジノ街はキラッキラだったことでしょう。
s-P1000988.jpg

※【聖オーガスチン教会】【ナーチャ廟】等は記述を省略・・・

香港に再び入国!フェリー1時間は爆睡してました。
ここでも入国手続きが長かった。
s-P1000990.jpg
歩きつかれたので足マッサージ(日本円で千円)やお夕飯はチェーン店でお粥食べたり、街中を少し見てしてホテルへ。
夜22時を過ぎてもかなりのお店が開いていて、人もいっぱいで
【眠らない街】という印象でした。
s-P1000992.jpg
スポンサーサイト
category : 旅行記

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

夜架

Author:夜架
引き篭もりがちですが、
クラシカルなロリィタ服が好きです。
休日時々着れている程度で上がりかけ。
辺鄙でローカルな土地に住んでます。

実家の猫(ロシアンブルーのルッカ)に会いたい!
自然や洋館や神社も好きで、色々支離滅裂です。

お供のデジカメはRICOHのR10と
2011/6よりOLYMPUS PEN Lite E-PL2
使い方さっぱりなので練習中

web拍手

ハムスター&ペンギン

いろいろ

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

最新コメント

月別アーカイブ

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © ++ Sadalachbia ++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。