--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

2010.10.18*Mon*

志方あきこ コンサート2010 ~パンタレア~

今更ですが、
志方あきこ コンサート2010 ~パンタレア~
に行って参りました

本当に素敵で、綺麗で…廃墟に1年にたった1度だけ咲く花の祭典、
行かれたことに、(なにより誕生日だったので)
勝手に舞い上がって、嬉しくて感激でした

レポにならないけれど感想を書きたいな~と思っていたら、
もう2日も経ってしまった阿呆です。

とりあえず、出尽くしていると思いますが
【セットリスト】
第1部
1.Pitalacta~先触れ~
2.TETHE' ALLA~対の子どもたち~
3.シャラノワールの森
4.廃墟と楽園
5.朱隠し
6.まほろば
7.花帰葬
8.Sorriso
9.METHOD_METAFALICA/.
10.Infelious Rhaplanca. 地の償い~Maoh~
~休憩~
第2部
11.夜明け
12.風と羅針盤
13.Turri-Panta rhei- トゥーリと星の民
14.EXEC_FLIP_ARPHAGE/.
15.遥かなる旅路
16.うみねこのなく頃に
17.晴れすぎた空の下で
18.うたかたの花
19.片翼の鳥
20.埋火
21.ロマの娘
22.EXEC_PAJA/.#Misya extracing
23.金環蝕
24..Pantalea

【アンコール】
EXEC_over.METHOD_SUBLIMATION/.~ee wassa sos yehar
※通称「コワレロ」



ディファ有明に到着し、天使像の下で並ぶ事約30分
R1038729.jpg
物販を購入し終えた後、ヴィーナスフォートでぶらぶらと。
その後、開場時間に戻って来ました。

暗闇に浮かぶ天使像
R1038755.jpg

会場前で友人と合流
mixiで企画されていた「パンタレア fiorire企画
アンコールの時に会場に花を咲かせよう!
という素敵な企画がされていたようで、紙のお花を頂きました
R1038752.jpg
(個人の方がこの数を用意したとは本当に凄過ぎまます。お疲れ様でした。
そして参加させていただき有難うございました!)

追記へ。


web拍手
そして開場
ディファ有明は構造的に、ライブハウスに近い感じでしょうか?
入ってすぐの物販の先にドリンクコーナー(勿論、パンタレアでは未使用)があったので…

入り口には寄贈の花たち
R1038757.jpg

物販に並ぶ友人と一緒に物販に並んでしまったので…開演前の
今回の書き下ろしの音楽が聴けなかったのですが
パンフレットに入っていた!良かった~~~~~。

開演ギリギリに席に付くと、とてもステージに近くて楽器も全て見えました。
ステージは背景の壁紙にパンタレアの咲く廃墟の森の絵が描かれていて
左右には蔦が絡まった大きな柱、中央のスクリーンにはパンタレアの花の蕾
青い幻想的な光の中で雰囲気が既に素敵

そして開演。
今回も「世界観」を大切にしたいとのことでMCは殆ど無く
歌が続きました。

第1部はしっとりと、アコースティックな演奏が多く
歌は志方さんの特有ともいえる「多重録音」をあえて使わず、
ソロアレンジされている曲が多かったです。

アレンジもかなりされていて、
曲の出だしでは「一瞬なんの曲だろう?」となった程です。

感想の一部ですが…
「シャラノワールの森 」
が本当に可愛らしい感じで、背景の雰囲気と重なって、
森の中で聴いているようなワクワクする感じになりました。

個人的には第1部のアコースティック系が本当に好きでした。
なにより好きな曲、聴きたいな~と思っていた曲がオンパレード

聴けるとは思わなかった「廃墟と楽園」
インディーズ時代の曲ですが、今でも大好きです!
これも静けさに響く、儚くて美しくて

そして、お琴が出てくるとツイッターで書かれていて
和風!
と楽しみにしていた「朱隠し」は
とても緩やかな曲調で、原曲と大きく異なっていましたが
「子守唄」のようで、このアレンジがとても好きでした。
同じくお琴としっとりと「まほろば」
「どこか懐かしくなる」気分です。

ステージ中央に椅子が置かれ、
何だろう?と思ったら「花帰葬」!
聴けると思わなかったので、嬉しかったです。
こちらも、しっとりと緩やかにバラードっぽくアレンジがされていて素敵でした。

続けてピアノの伴奏と共に「Sorriso」が
教会で聖歌を聴いているような、しっとりとしつつもどっしりと芯のある
荘厳なSorriso、本当に花帰葬ワールドに一気に引き込まれました。

そして、メタファリカ!
これも聴けると思っていなかったのですが、ゲームを知らないのですが
好きな曲で、とても美しく綺麗でした。

一部最後の曲、
驚いたのが、「Infelious Rhaplanca. 地の償い~Maoh~ 」
前半のヒュムノスのラプランカ部分が無く、マオパートのみという凄いアレンジ!
それでも日本語歌詞の力強さを本当に感じました。

15分の休憩の後に
(私はあまりのパイプ椅子の痛さに休憩中立ち上がって腰捻ってましたw)

第2部
2部は、1部のしっとり系とは反対に、
アレンジも原曲に近く、なにより手拍子で盛り上がる「ライブ」系


「風と羅針盤 」で手拍子に盛り上がり
その後も手拍子をする曲が多く、
アレンジもあり途中でやっと気付いた「ARPHAGE」や「遥かなる旅路」と好きな曲が

そしてやっぱり5拍子の「ロマの娘」!
コンサートの定番と化していますね。
聞き入りながら、ズレないようにちょっと必死になりながら
手が止まっちゃいそうになりながらの手拍子でした。

後半は本当に、観客も楽しもう!って作りでした。
・・・ただ、手拍子が意外に難しい!

そして、終了~。

入り口で頂いたお花の出番です!
アンコールと同時に開場に花が咲き、
志方さんのMCと共にコンサートメンバーの紹介
15分という限られた曲の中で
「今回のコンサートで好きな曲は」
「変わりたい楽器は?」
と言う質問。
ダントツで人気のバイオリン
理由が運びやすい、荷物にならない、弦が4本…という理由で人気のバイオリン!

そしてアンコールの曲は
まさかの「コワレロ」!!
パンタレアの花が咲き、奇跡の夜

オールスタンディングになり、
「最後は皆で壊れましょう!」という志方さんのMC(笑)

低音ボイスの「コワレロ コワレロ コワレテイケ」で本当、色々吹っ飛びそうになりました。

やっぱりコンサートという形式状、
ライブのように、観客側も一緒に「歌う」というのが厳しい感じでしたが
それでも、参加型でとても楽しく、最後はコワレマシタ!

壊れたテンションのまま帰宅w

長々書いた感想文が、こんなので申し訳無いのですが
志方さんのコンサートのアレンジはどれも素敵で、
コンサートだけでしか聞けない、もう聞けないのがとても残念です。
アレンジ版のCDがどれも欲しい程でした。

今回、私がまた聞きたい!
というのは「朱隠し」です。
しっとりと子守唄のようで、それでいて何処か「おどろおどろしさ」を後ろに隠した
ゆったりとした和風なバラード。


購入したコンサートCDと、つい買ってしまったストラップ
R1038815.jpg
今回のパンフレットは、物語は無くて、コンサートのコンセプト説明
そして、会場で流れていた曲のCDでした!CD嬉しいです。
もっと音源化して欲しいです。
スポンサーサイト
category : お出掛け記録

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール

夜架

Author:夜架
引き篭もりがちですが、
クラシカルなロリィタ服が好きです。
休日時々着れている程度で上がりかけ。
辺鄙でローカルな土地に住んでます。

実家の猫(ロシアンブルーのルッカ)に会いたい!
自然や洋館や神社も好きで、色々支離滅裂です。

お供のデジカメはRICOHのR10と
2011/6よりOLYMPUS PEN Lite E-PL2
使い方さっぱりなので練習中

web拍手

ハムスター&ペンギン

いろいろ

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

カレンダー

10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

最新コメント

月別アーカイブ

03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © ++ Sadalachbia ++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。